『今行くよ!』や『今行きます!』は英語でなんて言う?goではなくcomeを使う!?

1階で晩ご飯の支度をしていたお母さんが『ご飯できたわよ~!』と2階にいる家族みんなに伝えます。

それに対して、みんなは『はーい、今行くよー!』と言いながら1階へと降りてきます。

突然ですが、ここで問題です。

このやり取りを実際に英語にすると、どのような文章になるでしょうか? 

みなさん、できましたでしょうか?

それでは答えを発表しますね。

答えは、

お母さん: Dinner is ready, guys!

みんな: Okay, I’m coming!

ここで、

”えっ、なんでgoingじゃなくてcomingになってるの!?” と思われた方、最後まで読む価値がありますね。そうなんです、この場合、『行く』を表すgoingではなく、『来る』を表すcomingが使われるのです。

そこで、今回、この理由についてわかりやすく説明していきます。

それでは、さっそくいきましょう!

目的地が場所ではなく、”人”である場合はcomeを使う

”どういうこと?”って思いますよね。大丈夫です。ここから理解できるように説明していきます。

最初に書いてある問題文を使って説明すると、晩ご飯の支度しているお母さんは1階にいて、他のみんなは2階から降りてきて、テーブルに料理を並べているお母さんのもとへと向かっていきます。

この場合、みんなの目的地は単なる1階というよりも、お母さんのいるところに向けられているため、

みんなはお母さんに向けて ”お母さん、今、あなたのところへ来るところだよ、向かうところだよ” ということを伝えています。

したがって、

この場合は、目的地が場所を指すgoではなく、人を指すcomeが使われるということになります。

他の例もみていきましょう。

例2

友だちがあなたの家のインターホンを鳴らして待っています。

そこで、あなたは友だちに対して『今行きます!』と言います。

この時、あなたは玄関そのものというよりも、友だちがいるところに向かっていくことを表しています。

(結果としてその場所が玄関というだけの話であり、ここでは、その場所自体は問われていない、重要ではないということになります)

つまり、

ここでは、場所を目的地とするgoではなく、人 (友だち) を目的地とするcomeを使うことになります。

したがって、あなたはこの場合、I’m goingではなく、I’m comingを使うことになります。

なんとなく、感覚がつかめてきたでしょうか?それでは、最後にもう一つ例をみていきましょう。

例3

あなたのお友だちの1人が今度、ホームパーティーを開くことになりました。

そこであなたは、そのお友だちからそのパーティーに来るかどうかを聞かれました。

この時、あなたはパーティーそのものが開かれる場所というより、そのお友だちがいることが前提となるパーティーに行くことを表しているため、人を目的地にとるcomingを使うことになります。

お友だち: Are you coming to the party?

あなた: Yes I’m coming.

以上、ここまで3つの例とともに説明してきましたが、なんとなくでも感覚はつかめたでしょうか?

また、最後にいくつか練習問題を用意しましたので、ぜひ挑戦してみてください。

そして、何度もこのページを読み返して ”もう完璧だ、マスターした!”という方は、今度はそれを実際に会話の中で使ってみることをおすすめします。

それではまた明日!

~練習問題~

文章の空欄にはgoとcomeのどちらか当てはまりますか?正しい方を選んでください。

1.

A: I just arrived at the station. Where are you?

たった今待ち合わせの駅に着いたんだけど、どこにいる?

B: I’m still on my way sorry. Please wait for a few more minutes. I’m (  ) soon.

ごめん、今まだ向かっている途中だよ。あともう少しだけ待ってもらってもいいかな。もうすぐ行くよ。

2.

A: What will you do today?

今日は何する予定?

B: Today probably I’ll (  ) to my friend’s house.

今日はたぶん友だちの家に行くよ。

3.

A: We will go to see a movie tomorrow. Do you want to (  ) with us?

私たちは明日、映画を観にいく予定なんだけど、一緒に行きたい?

B: Yes I want!

うん、行きたい!

答えと解説

1. come

駅に行くというよりも、待ち合わせしている人のところへ向かっているためcomeになります。

2. go

goの目的地が友達の家、つまり、この場合は、場所を指しているためgoを使います。

3. come

少しややこしいかもしれませんが、

もし、あなたが一人でその映画館という目的地に行く場合はgoを使いますが、

今回は、他の人たちから誘われた上で、その人たちと一緒に行くことが前提とされているので、

すなわち、あなたはその人たちのところまで向かうことを目的としており、

その上で、あなたはその人たちに付随した形で映画館に行くことになるため、ここではcomeが使われます。

また、このcome with usは『一緒に行く』という意味で一つの決まり文句としてあるので、このまま一つの英語フレーズとして覚えてしまった方がいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です