『まだ〜』や『まだまだ〜』は英語でなんて言う?ニュアンスも合わせて解説!

『まだ寝ている』や『まだ雨が降っている』、『まだまだやることがある』など、『まだ〜』や『まだまだ〜』といった表現を、みなさんも日常生活においてよく使っているかと思います。

そこで今回この『まだ〜』『まだまだ〜』を表す英語についてご紹介していきますので、この機会にしっかりと押さえておきましょう。

それではさっそくみていきましょう!

『まだ〜』や『まだまだ〜』は英語で何て言う?

still

まだ、まだ〜、まだまだ、まだまだ〜 (動作・状態を表す際に用いる)

まだ〜』や『まだまだ〜』を英語で表す場合は、基本的にはstillを使うことになります。

stillはある動作や状態がまだ続いている、継続している、継続中であることを表しており、いわゆる、私たちが日常生活において使う『まだ〜である』を英語で表した形がstillになります。

また、stillと似た意味を持つyet『まだ〜ない』という表現もありますが、今回は混乱を避けるため、stillまだ〜するしている』のみを取り上げていきます。

(yetについては、次回以降、詳しく説明していきますので、まずはここでしっかりとstillを押さえておきましょう)

※ stillやyetなど、似た意味を持つ英語を使いこなす場合、一度に両方、もしくは全てを覚えて使いこなすというよりは、一つずつ、確実にものにしていった方がいいですよ。

I’m still eating.

まだ食事中です。

食事をする、しているという動作・状況が続いている、継続中である。

I’m still hungry.

まだお腹が減っています。

お腹が減っているという状況が続いている、継続中である。

I’m still a little bit hungry.

まだ少しお腹が減っています。

He’s still sleeping.

彼はまだ寝ています。

寝ているという状況が続いている、継続中である。

Are you still there?

まだそこにいる?

そこにいるという状況が続いている、継続中である。

It is still raining.

まだ雨が降ってます。

雨が降っているという状況が続いている、継続中である。

Is it still raining (outside) ?

まだ(外は)雨降ってる?

We still have a chance.

(私たちに)まだチャンスはあります。

チャンスがあるもいう状況が続いている、継続中である。(以下、同じ感じです)

We still have a lot things to do.

まだまだやるべきことはたくさんあります。

We still have things we can do.

私たちにやれることはまだあります。

We still have a long way to go.

まだまだここからですね。

(=まだまだ先は長いですね。)

今回は以上となります。

stillは、いわゆる日本語の『まだ~である』と同じように使われるので、比較的、理解がしやすく、使いやすい表現かと思います。

また、次回以降、yetについてもご紹介していきますので、まずはここで、しっかりとstillを使いこなせるようにしておきましょう。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です