ペットボトルは英語じゃなかった!?海外では通じない?解説します!

タイトルを見て、”えっうそでしょ!てっきり英語だと思ってた!”という方も多いのではないでしょうか?そうなんです。実は、ペットボトルは英語ではなく、日本人が英語を元にして作った和製英語の一つになります。それでは、いったい英語ではペットボトルのことをなんと言うのでしょうか?

ペットボトルは英語でなんと言う?

plastic bottle

ペットボトルはプラスチックで作られたボトルなので、そのままplastic bottleでペットボトルになります。

英語の方がむしろシンプルでわかりやすいですね。

他にも、plasticを省略してbottleと表現することもあります。

ちなみに、日本語のペットボトルは、もともとペットボトル素材であるポリエチレンテレフタレート(polyethylene terephthalate)という樹脂の名前からpとlとt取ったPETを表しております。

実際に英語圏でもPETをペットではなく、”ピーイーティー”とローマ字発音して使うことがありますが、基本的には容器の素材標記などに使われ、日常会話で使われる場合は、犬や猫など動物のpet (この場合は、ペットと発音します) として使われます。

ですので、ペットボトルを英語で言う場合は、plastic bottleと言うようにしましょう。

Can I have bottled water, please?

ペットボトルのお水をいただけますか?

Can I have〜? 〜をいただけますか

Where should I throw away this plastic bottle?

このペットボトルはどこに捨てればよいでしょうか?

throw away 〜を捨てる

You should put your bottle into the recycle box when you finish.

飲み終えたペットボトルはリサイクルボックスに入れなければいけません。

本日は以上となります。それではまた明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です